トップページ > Web侍コラム > Webデザイン > ホームページ作成時に気をつける「滞在時間」や「コンバージョン」を上げる要素表示中

ホームページ作成時に気をつける「滞在時間」や「コンバージョン」を上げる要素

滞在時間とコンバージョンを上げる


ホームページに集客できたとしても、
閲覧してもらい何かしら行動をしてもらわないと
せっかく作っても意味がないですよね!?

・ターゲットユーザーに伝わっているのか。
・購入や申し込みなど行動につながっているのか。

滞在時間やコンバージョンを上げる要素を纏めてみます。

コンバージョンアップ

【ファーストビュー】
サイトに訪問して約3秒で、何のホームページか伝わっているか。
ユーザーが求めてる情報があるを判断すると言われています。
無いと判断すると直帰します。

⇒一目で何のホームページかわかるようにしましょう。
ロゴ、メイン画像、キャッチコピーなどのp要素で何のサイトかすぐに認識できるようにします。

【レイアウト】
わかりやすい、見やすい、使いやすい、サイト設計になっているか。
どこをクリックすればいいのかわからないではユーザーは直ぐに離脱してしまいます。

⇒どこに何の情報があるのかわかるようにしましょう。
一番伝えたい内容・コンバージョンへつながるフォームへのサイト構成をしっかりと作る必要があります。

ボタンの配置や色・大きさなども非常に重要です。

【コンテンツ】
ターゲットにとって有益な情報があるかどうか。
また、安心できる情報があるかどうかなど、当たり前ですがユーザーが探している
情報がなければ閲覧もしてもらえませんし、コンバージョンにもつながりません。
※安心できる情報とは、弊社で言うと料金表示・納品までの流れ・よくある質問など

ここで重要なの要素として内容はもちろんですがキーワードの選定があります。
どのキーワードで検索されるようにするかが重要です。

キーワードの選定を誤ると、ユーザーが求めていない情報として認識される恐れがあります。

ターゲットユーザーがどんなキーワードで検索するかリサーチ・分析が必要です。

キーワードは、自然な文章で入れてください。
不自然な文章でやたら同じキーワードばかりだとペナルティーを受ける場合があるので気をつけてください。

また、言葉づかいも気を付けましょう。

【まとめ】
シンプルにオリジナルのコンテンツ(有益な情報)の質を高め、
ユーザー目線を意識して「わかりやすい、見やすい、使いやすい」を意識する事が大切です。

Webコラム

Webサービスから選ぶ

ホームページ診断(Webドック)
初めてのホームページ開設(初心者向けプラン)
新規・リニューアル受託制作(オーダーメイド)
コンテンツ最適化
ホームページ運営管理(Webマネジメント)
ホームページ集客(Webプロモーション)
お見積りのご依頼
2017年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
« 5月    

ご相談・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。 メール相談お問い合わせ

株式会社 Web Design 我龍
〒604-8006
京都市中京区河原町下丸屋町403番地 FISビル7F
TEL 075-778-5015(9:00~17:30※土日祝休)
FAX 075-256-8216
営業時間 8:00~18:00※土日祝休

このホームページは、
自然エネルギー普及に貢献しています。