ドメインとサーバーとは?【今更聞けない!】

ドメインとは

ドメインとサーバーとは何か、詳しく解説します。

みなさんは「ドメイン」と「サーバー」って知ってますか?

Webサイト(以下ホームページ)を作ろうと思うと、必ず出てくるこの二つのワード。
この二つはどのような役割をしているのでしょうか?

初心者の方にもわかるように解説していきます。

ドメインとは何か

このようなURLはみたことありますか?

https://〇〇〇.com

ドメインとは、このURLの〇〇〇.comの部分を指します。
どのような役割かというと、インターネット上の住所のような役割です

インターネット上には無数のWebサイトが存在しています。

この1つ1つのWebサイトがインターネット上のどこにあるかを管理するため、ドメインと呼ばれる「住所」をそれぞれのホームページに与えているのです。

ドメイン取得は下記のようなサービスで可能です。

ドメインとIPアドレスの関係

もう少し深掘りしてみましょう♪

みなさんは「IPアドレス」って聞いたことありますか?
こんな感じの数字の羅列です。

「123.4.56.789」

ドメインとIPアドレス、実はこの二つはどちらもインターネット上の住所の役割をしているんです!

とはいっても名前も見た目も全然ちがいますよね。

どういうことかというと、IPアドレスの数字の羅列は人間にとっては覚えにくいため、ドメインという覚えやすい形に変えてあるのです。

これは、実際に私たちが住んでいる住所でも同じことが言えます。

例えば、京都駅の住所は「下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町」ですが、地図上の場所は「緯度 : 34.985871 経度 : 135.75704」で表す事ができます。

「ここが今日の集合場所ね!」と言われてもわからないですよね!?

そのため私たちは都道府県、市町村といった具合に、自分たちがわかりやすい形で場所を区別しています。

ドメインとIPアドレスも同じように人間用とコンピュータ用で形を変えています。

ドメイン名(人間が判別するための形) → 〇〇〇.com
IPアドレス(コンピュータが判別するための形) → 123.4.56.789

サーバーって何?

サーバーとは

サーバーの種類には下記がありますが、今回はWebサーバー(以下サーバー)について解説します。

  • Webサーバー
  • メールサーバー
  • データベースサーバー
  • DNSサーバー
  • FTPサーバー
  • SSHサーバー

サーバーとは、一言でいうとホームページの土台となるもの

例えば、サーバーとドメイン、ホームページの関係性を説明する時は、一般的に「一軒家」に例えられます。

皆さんが「よし!マイホームを建てよう!」と思ったと時、必ず「土地」を用意して、その上に家を建てますよね。

サーバーとは、この土地のことを指します。

そして「家 =  ホームページ」とイメージしてください。

家は、土地が無ければ建てることができないのと同様に、家となるホームページを公開するには、土地となるサーバーが必須なのです。

そして最後に、家を建てたら必ず割り当てられる住所が、ドメインにあたります。

※ドメインは、Webの世界では自動的に割り当てられるのではなく、自分で取得しないといけません

サーバーをもう少し詳しく解説

サーバーを一言で「土地」と言いましたが、やはり実際はもう少し複雑なもの。

サーバーの役割ををもう少し詳しく説明すると、

普段はWebサイトの情報を保管しておき、ユーザーのリクエストに応じて必要なデータを提供する。という役割を持っています。

サーバーは、ホームページの土台となるだけでなく、「情報を保管する」という能力を実は備えているんですよ!

そして、サーバーは家、つまりホームページの情報も保管してくれているんですね。

どんな情報かというと、HTML・CSS・JavaScriptなど、このWebサイトがどのように構成されていて、どんな文章や画像が入っているかなど、Webサイトを構成するために必要な情報を保存してくれています

つまり、私たちがWebサイトを閲覧するときは「このWebサイトの、このページがみたいのでデータをくださーい」

とサーバーにリクエストすると、サーバーは保存しているデータを提供してくれるので、私たちのパソコンやスマートフォンでホームページを見ることができます。

レンタルサーバーとは?

サーバーにはたくさんの種類があります。

  • 物理サーバー
  • 仮想サーバー

そのなかでも細かく分類すると

  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPS
  • クラウドサーバー etc

さすがにここまでサーバーの種類を知っておく必要はないのですが、もしあなたがいつか自分のホームページを作りたいと考えているのであれば、一つだけ知っておいて欲しいのがレンタルサーバーです。

レンタルサーバーとは、サーバー業者からサーバーを借りることができるサービスのこと。

ホームページを作る時は、このレンタルサーバーを利用することが多いです。

しかし、サーバー業者もたくさんいるため、契約する際にはいろんなレンタルサーバーを比較して自分に適したものを選ぶ必要があります。

比較するべき項目は

  • 表示速度
  • 価格
  • スペック
  • サポート体制
  • 安定性 etc

サーバーに関しては、設定する際に専門知識が必要になります。

ここで失敗するとホームページにエラーが出てしまったり、必要なファイルを誤って消してしまい、ホームページ自体が表示されなくなったりする可能性もあります。

サーバーの契約や設定に関しては、無理に自分で設定するのはリスクが高いので、プロに相談しましょうね。

下記のレンタルサーバーは弊社でも利用しているもの含めて一例です。

まとめ

まとめ
  • ドメインとは、インターネット上の住所
  • サーバーとは、インターネット上の土地
  • ドメインとIPアドレスは同じ役割+
  • サーバーは、リクエストに応じて必要なデータを提供してくれる
  • ホームページを作るなら、レンタルサーバーが必要

ドメインとサーバーについて、理解できたでしょうか?

この二つは「住所」と「土地」という、切っても切れない関係にあるということを覚えておきましょう♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コーディングやライターのお仕事をしています。

好きなものは、少年ジャンプ、チョコ、コーヒー。
こどもの写真をオシャレに撮る、オシャレなママになるのが目標です。

閉じる